ユーラシア大陸北部で広く先住民の生業として営まれてきたトナカイ遊牧は、自然環境や携わる民族集団によって多様な展開をみせてきました。本特別展では、シベリア東部から南部にかけてのタイガ地域に広がるトナカイ遊牧文化を約110点の資料から紹介します。

展示内容

民族衣装、耳当て、ベルト、毛皮製品、トナカイ角製品、木製品、白樺樹皮製品

会期:2021年07月17日(土)~2021年10月17日(日)

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

入場料一般450円(300円)[800円] 65歳以上300円
高校生・大学生200円(160円)[320円]
*(  )内は10名様以上の団体料金となります。
 [  ]内は常設展示とのセット料金となります。
詳細情報 展示の詳細情報を確認する

北海道立北方民族博物館

住所 〒093-0042
北海道網走市字潮見309−1
入場料【常設展示観覧料】

小中学生・65歳以上ほか無料
 一般 550[440]円
 高校生・大学生 200[160]円
 ※[]内は10名以上の団体の場合
開館時間9時30分~16時30分(7-9月は9時~17時)
休日 月曜(祝日の場合は翌平日)
7~9月は無休です。
公式サイト http://hoppohm.org