「植物の命の色をいただく」と言い、「蚕の命の糸を紡いで織る」と語り、紬織(つむぎおり)で前人未踏の豊かな芸術世界を開拓した染織家、志村ふくみ。1924年滋賀県近江八幡市に生まれ、母・小野豊の影響で、織物を始めた志村は第4 回日本伝統工芸展(1957年)に初出品で入選、その後数々の賞を受け、1990年には紬織で国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。 

 野山の草木から採取した染料で染められた糸と志村独自の感性で織り上げられた作品は、多くの人を魅了し、国際的にも高く評価されています。「民衆の知恵の結晶である紬の創作を通して、自然との共生という人間にとって根源的な価値観を思索し続ける芸術家」として、2014年に第30 回京都賞(思想・芸術部門)を受賞し、また2015年には文化勲章を受章しました。本展覧会では滋賀県立近代美術館が所蔵するコレクションを中心に主要な紬織着物100点を裂帖や染糸なども含め、「近江八幡にて」「嵯峨Ⅰ」「嵯峨Ⅱ」の3章に分けて紹介します。志村ふくみの約60年にわたる創作の歩みとともに、その芸術の核心に迫ります。

会期:2020年07月04日~2020年08月30日

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

入場料一般1,000(800)円、大学・高校生 600(400)円、中・小学生 200(100)円 
カッコ内は20名以上の団体料金
休日など 月曜日 (8月10日は開館)8月11日
詳細情報 展示の詳細情報を確認する

姫路市立美術館

住所 〒670-0012
兵庫県姫路市本町68-25
入場料■常設展示室

一般  210円 (160円)
大高生 150円 (120円)
中小生 100円 (80円)
( )内は団体料金

■企画展示
催しにより金額が異なります。

※団体料金は20名以上の場合に適用されます
※どんぐりカード、ココロンカード、姫路市高齢者福祉優待カードの提示により常設展が無料でご観覧いただけます
※療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または身体障害者手帳をお持ちの方および介護者1名については、手帳を提示いただくことにより、常設展は無料、企画展は半額でご観覧いただけます
開館時間10時から17時まで(入館は16時30分まで)
休日 毎週月曜日(祝日・休日の場合を除く)、年末年始
公式サイト https://www.city.himeji.lg.jp/art/index.html