茅ヶ崎市 ホノルル市×郡 姉妹都市締結5周年記念

日本の夏の風景にすっかり馴染んだアロハシャツ。茅ヶ崎市では夏のクールビズスタイルとして正式採用されています。

しかし、アロハシャツとはそもそもどのようなシャツなのでしょうか。どうしてハワイで生まれたのか。なぜ明るく派手なのか。日本の着物の紋様にある、龍や虎などの和柄もアロハシャツなのか。年代によって変化はあるのか。など、考えてみるとよく知らないことばかりです。

茅ヶ崎市とホノルル市・郡との姉妹都市締結5周年を記念して行われる本展覧会では、アロハシャツブランドSUN SURF(サンサーフ)のディレクターであり、世界的なアロハシャツコレクターとしても知られる小林亨一氏(東洋エンタープライズ株式会社代表取締役)の貴重なコレクションから選りすぐった、今では見る機会がほとんどない、1930年代から1950年代にかけて作られた貴重なヴィンテージアロハシャツを展示し、その魅力を伝えるとともに、ハワイの歴史、日本文化と日本人に深く関係するアロハシャツの全貌を紹介します。奇しくも今年は、アメリカの服飾文化に深く関わり、復刻にも力を注いできた、東洋エンタープライズ株式会社設立55周年にあたります。現代の服飾史の一端を紐解いていく、またとない機会になるでしょう。

会期:2020年09月12日~2020年11月08日

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

入場料一般:800(700)円 大学生:600(500)円 市内在住65歳以上:400(300)円
※高校生以下、障害者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、10名以上の団体は入場方法を制限させていただく場合がございます
詳細情報 展示の詳細情報を確認する

茅ヶ崎市美術館

住所 〒253-0053
神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
入場料企画展
展覧会ごとに異なります
※ただし、下記の免除者は企画展も無料

収蔵作品展
一 般 :200円(150円)
市内在住65歳以上  :200円(150円)
大学生 :100円(70円)
高校生以下無料
障害者およびその介護者は無料
( )内は20名以上の団体料金
開館時間10時~17時 (入館は16時30分まで)
休日 月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日が休館)
年末年始(12月29日~1月3日)
臨時休館日(保守点検や展示替え等をおこなう日)
公式サイト http://www.chigasaki-museum.jp/