飛鳥・奈良時代からの位による服色の変遷や、平安時代に編纂された法令集『延喜式』の記述に基づき草木染で色彩を再現した反物などを展示し、日本の染織文化を紹介しています。

この中では、11月8日に開催される「立皇嗣(りっこうし)の礼」で秋篠宮さまが着用されると思われる装束の色「黄丹(おうに)」の再現品も紹介しています。

「黄丹」は奈良時代に皇太子の袍の色と定められ、『延喜式』にはクチナシとベニバナで染めるということが記されている色彩です。現在も皇室の儀式の際の装束に受け継がれています。

また、今年寄贈を受けた着物や草木画などの新収蔵品を紹介しています。

会期:2020年09月29日~2020年11月29日

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。

詳細情報 展示の詳細情報を確認する

高崎市染料植物園 染色工芸館

住所 〒370-0865
群馬県高崎市寺尾町2302-11
入場料一般     100円 (80円)
高・大学生  80円 (50円)

※( )内は団体20名以上の料金です。
※以下の方は入館が無料になります。
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方および付き添いの方1名
65歳以上の方、中学生以下の方
開館時間9時~16時30分 4月~8月までの土・日、祝日は9時~18時 入園は閉園30分前まで
休日 月曜日・祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は開園し、翌平日休園)・年末年始
公式サイト https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2017082200011/