手で一針一針、縫い進めていく「刺繍」。糸や布などから生まれる多彩な表情に加え、制作に注ぎ込まれた時間や、作り手の身体性までもが一体となった濃密な表現技法です。

本展は、この刺繍に注目し、その魅力を幅広い分野の作品約 230 点を通してご紹介するものです。中・東欧の民俗衣装、イヌイットの壁掛け、現代の絵本原画やイラスト、絵画、フランスのオートクチュール刺繍など、さまざまな分野を横断しながら、時代や地域を越えて、今なお私たちの心を捉える刺繍の魅力を探ります。

ルーマニアとスロヴァキアから、かわいい刺繍が約 60 点

ヨーロッパ中・東部の多様性に富む文化は、生活の中で育まれてきた刺繍にもよく表れています。ここでは、ルーマニア中部トランシルヴァニアのカロタセグ地方に残る刺繍約 30 点と、伝統的に手工芸がさかんだったスロヴァキアで制作された、華やかで技巧性に富む刺繍約 30 点、あわせて約 60 点の愛らしい刺繍を、民俗衣装とクロス類を中心にご紹介します。

刺繍と布絵で語り継がれる、イヌイットの暮らしの記憶

カナダの先住民族であるイヌイットの人々が制作した壁掛けは、20 世紀半ば以降、狩猟生活から定住生活への転換を経験する中で生まれたものです。大胆で力強い造形の魅力はもちろん、氷の家、犬ぞり、狩猟など、かつての独自の生活スタイルと文化の記憶を語り継ぐ資料としても、大きな意味をもっています。

現代作家による、それぞれの「糸で描く物語」

刺繍は、素材が生み出す様々な表情に加え、作り手の身体や思考の痕跡までも感じさせる表現技法です。その魅力を、独自の視点から深めている現代作家としてエヴァ・ブラーズドヴァー(チェコ)をはじめ、絵本作家のエヴァ・ヴォルドヴァ―(チェコ)とホジェル・メロ(ブラジル)、樹田紅陽(京都)、小林モー子(フランス、日本)、蝸牛あや(東京)による、それぞれの「糸で描く物語」をお楽しみいただきます。加えて、近代日本の童画家の草分け・武井武雄と、現代の刺繍家・大塚あや子のコラボ作品もご紹介します。

パリの工房ヴェルモンに見る、オートクチュール刺繍の粋

近年、日本でも注目されているオートクチュール刺繍。クロッシェドリュネビュルという特殊なかぎ針を用い、糸で縫うだけでなく、ビーズやスパンコール、モールやコード、羽根など、あらゆる素材を縫い留めることのできる、専門性の高い技術です。このオートクチュール刺繍の粋を 1956 年創業のパリの刺繍工房メゾン・ヴェルモンの作品を通してご覧いただきます。

会期:2021年04月24日~2021年06月27日

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

入場料一般1100(880)円、高大・65歳以上900(720)、中学生以下無料
*所蔵品展、谷内六郎館も観覧できます。

*()内は20名以上の団体料金
*高校生(市内在住または在学に限る)は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と
付添1名様は無料
休日 5月10日(月)、6月7日(月)
詳細情報 展示の詳細情報を確認する

横須賀美術館

住所 〒239-0813
神奈川県横須賀市鴨居4丁目1
入場料■常設展 ( )内は20名以上の団体料金

一般  380円(300円)
高校生・大学生・65歳以上の方 280円(220円)
中学生以下  無料

■企画展
下記以外の方展覧会によって異なります。
中学生以下 無料
--------
次の方は常設展、企画展ともに観覧無料です。
・市制記念日(2/15)の直近の日曜日、文化の日
・身体障害者手帳、療育手帳、または精神障害者保健手帳をお持ちの方と介助の方(1名)
・横須賀市内に在住または在学の高校生
常設展の観覧料には谷内六郎館も含まれます。
企画展の観覧料には常設展、谷内六郎館も含まれます。
相互割引
・スパッソ又は観音崎自然博物館の入館券のご提示により、観覧料が2割引になります。
  *なお、当館観覧券の提示により、スパッソの入館料が400円引き、観音崎自然博物館入館料
   が50円引きとなります。
  *当日限り。また、他の割引との併用はできません。
開館時間10時~18時
※臨時の閉館時間変更、休館については、公式サイトをご確認下さい。
休日 毎月第1月曜日(ただし祝日の場合は開館)
12月29日~1月3日

※臨時の閉館時間変更、休館については、公式サイトをご確認下さい。
公式サイト https://www.yokosuka-moa.jp/