サンリツ服部美術館では東南アジアや中国からもたらされた工芸品をご紹介する展覧会を開催いたします。

工芸品は日常生活に密着した道具で、身近にある素材を用いてつくられます。国や地域によって素材や技術が異なり、その土地の風土が最も反映された作品といえます。島国である日本では、貿易などによって諸外国の工芸品がもたらされてきました。舶載された工芸品で使われている技法、素材、色使い、文様などを通して、人々は海の向こうで暮らす人々や風景に思いを馳せていたことでしょう。
 本展では、漆工、金工、籐・竹工、染織を中心に、日本の人々を魅了した工芸品の魅力をご紹介いたします。

工芸品を通じて、東洋で育まれた技法や造形美をお楽しみください。

会期:2020年10月03日~2020年11月29日

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

詳細情報 展示の詳細情報を確認する

サンリツ服部美術館

住所 〒392-0027
長野県諏訪市湖岸通り2-1-1
入場料大人    1000円 (900円)
小中学生  400円 (350円)

※( )内 団体(20名以上)
※ただし、特別展開催期間中は別途となります。
※団体のお客様は事前にご予約くださいませ。
開館時間9時30分~16時30分
休日 祝日を除く月曜日、年末・年始、展示替期間、館内整理期間
(詳しくはお問い合わせください)
公式サイト http://www.sunritz-hattori-museum.or.jp/