絹織物のブランドとして全国的な知名度を誇る丹後ちりめん。そのはじまりは享保5年(1720)と伝わり、本年は創業300年の節目にあたります。本展ではこれを記念し、300年の時を刻んできた「はたおと」や民謡としての機織り歌に代表される、丹後の暮らしの音風景(サウンドスケープ)を糸口にして、丹後ちりめんと生きた先人たちの暮らしのあゆみを振り返ります。 

また、この春は新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、全国各地で祭りや行事を自粛する動きが広がりました。これにともない、丹後においては地域に活気を呼び寄せる祭囃子や神輿を担ぐ勇壮な掛け声、それらを迎える人々の歓声を耳にすることができませんでした。この経験を通して「まつりのおと」が地域の暮らしに欠くことのできないものであることを再認識された方も多いのではないでしょうか。

本展が丹後の暮らしの音風景を見つめ直す機会となり、丹後ちりめんの新たな価値や魅力を発見することにつながれば幸いです。

会期:2020年07月18日~2020年09月06日

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

詳細情報 展示の詳細情報を確認する

京都府立丹後郷土資料館

住所 〒629-2234
京都府宮津市字国分小字天王山611-1
入場料■普通展示
大人:200円  (150円)
小中学生:50円  (40円)

■特別展示
大人:250円  (200円)
小中学生:70円  (70円)
※( )内は20名以上の場合
※友の会会員、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料です。
※小中学校等の学校教育活動の場合は申請により無料です。
※きょうと子育て応援パスポート対象施設です。
開館時間午前9時~午後4時30分
休日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、直後の平日休館)
年末年始(12月28日~1月4日)
公式サイト http://www.kyoto-be.ne.jp/tango-m/cms/