「僕はキモノにひどくしうちやくのある男です。」日記より

大正ロマンを代表する岡山出身の詩人画家・竹久夢二(1884-1934)。和と洋の文化が出会い、新しい流行が生み出された時代に活躍した夢二が描く美人画は「夢二式美人」と呼ばれ、そのファッションを真似する女性が現れるなど大衆に広く受け入れられてゆきました。夢二の作品の中にはさまざまな色や柄の「キモノ」が登場し、その多くは夢二オリジナルのデザインが使用されています。夢二のきものに対するこだわりは非常に強く、道行く人々の着こなしや商店に並ぶ品物をよく観察していたことが日記などから伺えます。本展では夢二が描いた「キモノ」に着目し、代表的な美人画に描かれた装いを夢二生誕130年の記念に「千總」の手描き京友禅で忠実に再現されたきものを3点作品とともに展示いたします。夢二が表現した「キモノの美」をご堪能ください。

夏の特別展示として、七夕の飾りつけをする舞妓たちが鮮やかな色遣いで描かれた《星まつ里》、日本の夏に欠かせないスポーツを描いた《野球図》を公開いたします。

会期:2020年06月16日~2020年08月30日

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

備考 会期中キモノ・ゆかたでご来館の方へオリジナル夢二絵ハガキをプレゼント!
詳細情報 展示の詳細情報を確認する

夢二郷土美術館

住所 〒703-8256
岡山県岡山市中区浜2丁目1-32
入場料大人800円、中高大学生400円、小学生300円
※20名以上の団体は2割引、岡山県内の65歳以上の方は証明できるもののご提示で1割引。割引の併用は不可。
※ゆめびぃ会員は入館無料
------------------------------
近隣施設との共通券がございます(大人券のみ・当日限り有効) 
 [2施設]夢二郷土美術館 本館/岡山後楽園[1,050円]
 [3施設]夢二郷土美術館 本館/岡山後楽園/岡山城[1,220円]
開館時間9時~17時(入館は16時30分まで)
休日 月曜日(祝日・振替休日の場合は翌日が休館)
年末年始(12/28 ~ 1/1)
公式サイト https://yumeji-art-museum.com/