フィンランドは美しいデザインの宝庫です。人々が長きにわたり暮らしの中で使い続け、そして癒されているそのデザインは、大いなる自然を忘れないという考え方に裏付けられています。フィンランドの人々は建国前から大地の豊かさを生活に取り入れ、その結果生まれたライフスタイルを愛してきました。自然とともにある暮らしは、優れたアーティストやデザイナー、建築家たちを生み、彼らの活躍により、自然の恵みを生かしながら洗練されたデザイン・プロダクツを生産し、皆がシェアする近代的な社会が確立されていきました。その積み重ねは、より優れたフィンランド独自のデザインを生み出し続ける原動力となり、魅力的なその製品は今なお世界各国で支持されています。

本展では、ヘルシンキ市立美術館監修のもと、200年にわたりフィンランドという国を支えた染織、およびガラス工芸の分野の名品を中心に、彩りに溢れ、創造性に満ちたデザイン・プロダクツの数々を、フィンランドのタンペレ市立歴史博物館、コレクション・カッコネン、フィンランド・デザイン・ミュージアムのコレクションを中心とする約250点の作品と約80点の関係資料で紹介します。フィンランド同様に自然豊かで、優れた手仕事の残る鳥取県で、四季の変化の激しい自然環境と共存するフィンランドの人々の豊かな生活思想と、温かみと洗練さを兼ね備えたそのデザイン世界を楽しんでいただきたいと思います。

会期:2020年10月10日~2020年11月15日

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

入場料一般/1,000円 (20名以上の団体/800円)
※次の方は無料…大学生以下の方、学校教育活動での引率者、70歳以上の方、障がいのある方、難病患者の方、要介護者等及びその介護者
詳細情報 展示の詳細情報を確認する

鳥取県立博物館

住所 〒680-0011
鳥取県鳥取市東町二丁目124番地
入場料 常設展 個人(児童・生徒・学生を除く。) -------180円
団体(20人以上)-------150円
企画展 -------企画展ごとに定める額
開館時間9時~17時
休日 毎週月曜日 ・ 国民の祝日の翌日 
※月曜日が祝日の場合は翌平日を休館日とします。
年末・年始(12月29日~翌年1月3日)
ただし、企画展開催中は開館する場合があります。
※詳細は公式サイトの休館日・開館時間延長日カレンダーをご覧ください。
公式サイト https://www.pref.tottori.lg.jp/museum/