漁民が着た仕事着や夜、船などで眠るときに着た夜着は全国的にドンザと呼ばれています。仕事着として着られたドンザの中には大小の布を継ぎあてし、ボロになるまで着られたものもあれば、ち密な刺し子で文様を施したサシコドンザはよそ行きの着物、おしゃれ着でもありました。

本展では、当館が所蔵する国重要有形民俗文化財を含む19点のドンザ及び関連資料を展示し、漁民のドンザなどから布やドンザに込めた人々の知恵や技、心の一端を紹介します。

会期:2021年03月20日(土)~2021年06月27日(日)

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

詳細情報 展示の詳細情報を確認する

瀬戸内海歴史民俗資料館 瀬戸内ギャラリー

住所 〒761-8001
香川県高松市亀水町1412−2
入場料無料
開館時間9時~17時(入館は16時30分まで)
休日 月曜日(月曜日が休日の場合は、原則として翌火曜日)、年末年始(令和3年12月29日~令和4年1月3日)

なお、令和3年度は整理作業・展示替えのため、下記日程で臨時休館します。

令和3年9月6日~9月13日
令和4年2月28日~3月7日
公式サイト https://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/setorekishi/index.html