ニットデザイナー三國万里子の九州初展覧会
ニット作品から、アクセサリーや書籍などのコレクションまで一挙大公開!

数々の手芸本を出版し、編みものキットのお店「Miknits」を展開する、ニットデザイナー三國万里子の九州初展覧会を開催します。

三國万里子の作品は、チャーミングでユーモラス、そして懐かしい心地良さが漂うニットたち。その魅力は、図柄の見立ての面白さ、サイズ感や着心地の良さだけでなく、編み飽きないための工夫もあいまって、「見る」「着る」「編む」といった複数の観点からバランス良く生み出されているからかもしれません。ときには、豊かな物語が始まりそうな情景が込められた作品もあり、三國万里子というニットデザイナーの、編みものの枠にとらわれない感性の豊かさがうかがえます。また、昨年は、ヨーロッパで買い付けたアンティーク・ビンテージアイテムの展示販売会「MY FAVORITE (OLD) THINGS」(ほぼ日曜日)を開催するなど、古いものを見る目そのものにも定評があります。

本展では、三國万里子のニット作品や愛用道具、ニットとともに楽しむ洋服やアクセサリーのコレクション、そして貴重な所蔵書籍や資料なども展示します。幅広い関心とチャレンジングな姿勢で、ニットの独自の楽しみ方を伝え続けてきた三國万里子。彼女が生み出した豊かな創造とその道のりをお楽しみください。

—————-
2011年に『ほぼ日刊イトイ新聞』というウェブサイト上で「1日かけてミトンを編む」という、少し風変わりな中継をしたことがありました。わたしはカメラの前でパンダのようにあぐらをかき、朝から晩までただ編み続けた。そのわたしを見た視聴者の方から「編む動物みたい」というコメントが届き、ついたあだ名が「編みもの動物」でした。わたし自身、指で糸を手繰っていると、なんというか、糸を食べているような、もっというと「糸が自分の中を通って、編みものとして出てくる」ような感覚があります。思うにわたしは糸と手でものを生み出すことで自分を生き、また社会で生かされる動物なのです。この展覧会では「編む動物」であるわたしが編みながら辿ってきた「けものみち」をみなさんにも歩いていただきます。道中の景色として、手芸の編集者やほぼ日のスタッフと作った本やプロダクト、さらにはそこからはみ出したいろんなガラクタたちをにぎやかに配置しようと思います。歩き終わって、何か編んでみようかな、と思っていただけたら幸いです。

三國万里子

会期:2020年12月19日(土)~2021年01月31日(日)

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

入場料一般:400円  学生:300円

※当面の間、団体入場割引きはいたしません。再入場可高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料会場内の混雑・密集を避けるため人数制限をおこなうことがございます。状況により変更・中止する場合がございます
詳細情報 展示の詳細情報を確認する

三菱地所アルティアム

住所 〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
営業時間10時 – 20時
休日 不定(イムズ休館日に準ずる)
※公式サイト各展覧会ページに会期中の休館日を記載しております。
公式サイト http://artium.jp/