今、なぜ「民藝」に注目が集まっているのでしょうか。「暮らし」を豊かにデザインすることに人々の関心が向かっているからなのか。それとも、日本にまだ残されている地方色や伝統的な手仕事に対する興味からなのか。いずれにせよ、およそ100年も前に柳宗悦、濱田庄司、河井寬次郎が作り出した新しい美の概念が、今なお人々を触発し続けているのは驚くべきことです。

柳宗悦の没後60年に開催される本展覧会は、柳らが蒐集した陶磁器、染織、木工、蓑、ざるなどの暮らしの道具類や大津絵といった民画のコレクションとともに出版物、写真、映像などの同時代資料を展示し、総点数450点を超える作品と資料を通して、時代とともに変化し続けた民藝の試みを俯瞰的な視点からとらえなおします。

今回とりわけ注目するのは、「美術館」「出版」「流通」という三本柱を掲げた民藝のモダンな「編集」手法と、それぞれの地方の人・モノ・情報をつないで協働した民藝のローカルなネットワークです。民藝の実践は、美しい「モノ」の蒐集にとどまらず、新作民藝の生産から流通までの仕組み作り、あるいは農村地方の生活改善といった社会の問題提起、衣食住の提案、景観保存にまで広がりました。「近代」の終焉が語られて久しい今、持続可能な社会や暮らしとはどのようなものか―「既にある地域資源」を発見し、人・モノ・情報の関係を編みなおしてきた民藝運動の可能性を「近代美術館」という場から見つめなおします。

テキスタイルの展示品

※会期中一部の展示替えがあります。展示期間欄のマークの意味は以下の通りです。

◐→前期展示:2021年10月26日 ~ 2021年12月19日
◑→後期展示:2021年12月21日 ~ 2022年2月13日

作品番号作品・資料名制作年代作者名産地(現在の県名・地方)所蔵者展示期間
2_34 丹波布夜具地 江戸~明治時代19世紀 丹波(兵庫県) 日本民藝館
2_35 丹波布夜具地 江戸~明治時代19世紀 丹波(兵庫県) 日本民藝館
2_37 東こぎん肩布 明治時代19世紀後半 青森県南津軽郡 日本民藝館
2_56 マフラー 1929年頃 エセル・メイレ  イギリス  日本民藝館 
2_57  マフラー 1929年頃  エセル・メイレ イギリス 日本民藝館
3_57 裂織敷物 昭和初期 青田五良 アサヒビール大山崎山荘美術館
3_58 裂織敷物 1930年頃 青田五良 アサヒビール大山崎山荘美術館
4_24 茶地縞ジャケット(柳宗悦着用) 昭和中期 及川全三 岩手県盛岡市 日本民藝館
4_25 作務衣(濱田庄司着用) 公益財団法人 濱田庄司記念益子参考館
4_26 台湾麻袋(濱田庄司所持品) 公益財団法人 濱田庄司記念益子参考館
4_27 ツイードスーツ(河井寬次郎着用) 河井寬次郎記念館
4_48 丹波布夜具地 江戸~明治時代19世紀 丹波(兵庫県) 日本民藝館
4_49 丹波布夜具地 江戸~明治時代19世紀 丹波(兵庫県) 日本民藝館
4_50 屑糸織やたら縞裂 明治時代19世紀 日本民藝館
4_51 屑糸織裂 明治時代19世紀 日本民藝館
4_52 東こぎん衣裳 明治時代19世紀後半 青森県南津軽郡 日本民藝館
4_53 オヒョウ地切伏刺繍衣裳 19世紀 樺太アイヌ 日本民藝館
4_54 オヒョウ縞地切伏刺繍衣裳 19世紀 北海道アイヌ 日本民藝館
4_55 白地手花手巾 19世紀後半~20世紀初期 読谷(沖縄県) 日本民藝館
4_56 紺地手花手巾 19世紀後半~20世紀初期 読谷(沖縄県) 日本民藝館
4_57 白地手花手巾 19世紀後半~20世紀初期 読谷(沖縄県) 日本民藝館
4_58 紺地手花手巾 19世紀後半~20世紀初期 読谷(沖縄県) 日本民藝館
4_59 袖無長衣 19世紀 サイシャット族 台湾 日本民藝館
4_60 袖無長衣 19世紀 サイシャット族 台湾 日本民藝館
4_61 『工藝』第6号[丹波布] 1931年6月 国立新美術館
4_62 『工藝』第14号[津軽の「刺しこぎん」] 1932年2月 国立新美術館
4_63 『工藝』第49号[琉球の染織] 1935年1月 国立新美術館
4_64  『工藝』第113号[琉球「てさあじ」]  1943年7月 国立新美術館
4_71 白地網文様鞠散し革羽織 江戸時代18世紀 日本民藝館
4_85 柳宗悦 表装裂コレクション 日本民藝館
4_107 ににぐりネクタイ[デザイン指導:吉田璋也]  1931年[デザイン] 向国安処女会ほか(鳥取県) 鳥取民藝美術館
4_108 ツイードスーツ、ににぐりネクタイ、懐中時計提げ紐、竹製ショルダーバッグ(吉田璋也着用) 個人蔵
5_28 文化映画「琉球の民藝」監修:柳宗悦、式場隆三郎、音楽:柳兼子、山内伶晃、企画:日本民藝協会 製作会社:大日本文化映画製作所 1939年 日本民藝館
5_29 白地牡丹尾長鳥菖蒲流水文様紅型衣裳 琉球王国時代19世紀 琉球(沖縄県) 日本民藝館
5_30 茶地朱入り経縞に絣衣装 琉球王国時代19世紀 琉球(沖縄県) 日本民藝館
5_31 琉球織物見本(白地経緯絣裂|紺地手縞裂)[蒐集:田中俊雄] 沖縄県 日本民藝館
5_32 田中俊雄、田中玲子『沖縄織物裂地の研究』明治書房 1952年 日本民藝館
5_33 波に帆舟文様紅型型紙[蒐集:濱田庄司] 琉球王国時代19世紀 琉球(沖縄県) 日本民藝館
5_34 柳宗悦編、田中俊雄著『琉球の織物』日本民藝協会[表紙布:外村吉之介、題字:芹沢銈介] 1939年 日本民藝館
5_35 柳宗悦『芭蕉布物語』(私版本)[装幀:柳宗悦、表紙装案:鈴木繁男] 1943年 日本民藝館
5_36  沖縄絵図 1939年  芹沢銈介  日本民藝館
5_37 紺地紋入熨斗柳文様紅型風呂敷 琉球王国時代19世紀 琉球(沖縄県) 日本民藝館
5_67 藁手袋 1940年頃 山形県 日本民藝館
5_68 雪兜 1940年 山形県 日本民藝館
5_69 蓑(伊達げら) 1930年代 青森県北津軽郡 日本民藝館
5_70 背中当(ばんどり) 1939年 山形県庄内地方 日本民藝館
5_78 木綿切伏衣裳 19世紀 北海道アイヌ 日本民藝館
5_79 木綿切伏衣裳 19世紀 樺太アイヌ 日本民藝館
5_85 刀掛け帯 19世紀 北海道アイヌ 日本民藝館
5_86 刀掛け帯 19世紀 北海道アイヌ 日本民藝館
5_87 刀掛け帯 19世紀 北海道アイヌ 日本民藝館
5_88 『工藝』第106号[アイヌの織物] 1941年12月 国立新美術館
5_90 杉山寿栄男『アイヌ藝術 第一巻 服装篇』第一青年社[装幀:杉山寿栄男、型染:芹沢銈介] 1941年 日本民藝館
5_111 長衣 19世紀 タイヤル族 台湾 日本民藝館
5_112 上着 19世紀 パイワン族 台湾 日本民藝館
5_113 上着 19世紀 パイワン族 台湾 日本民藝館
5_114 たっつけ袴 19世紀 パイワン族 台湾 日本民藝館

会期:2021年10月26日(火)~2022年02月13日(日)

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

入場料一般  1,800円(1,600円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生  700円(500円)
*( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
*中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
*キャンパスメンバーズ加入校の学生・教職員は、学生証・職員証の提示により団体料金でご鑑賞いただけます。
*同展の観覧料で入館当日に限り、所蔵作品展「MOMATコレクション」(4-2F)もご覧いただけます。
開催時間10:00-17:00(金・土曜日は10:00-20:00)
*入館は閉館の30分前まで
休日 月曜日[ただし2022年1月10日は開館]、年末年始[12月28日(火)~ 2022年1月1日(土・祝)]、1月11日(火)
詳細情報 展示の詳細情報を確認する

東京国立近代美術館  1F企画展ギャラリー、2F ギャラリー4

住所 〒102-8322
東京都千代田区北の丸公園3-1
入場料≪所蔵作品展≫
一般  500円 (400円) [300円]
大学生 250円 (200円) [150円]

※いずれも消費税込。
※()内は団体(20名以上)、[]内は5時から割引(金曜・土曜)
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズ、MOMATパスポート、賛助会・友の会会員証をお持ちの方、MOMAT支援サークルパートナー企業(同伴者1名まで、シルバー会員は本人のみ)は無料です。それぞれ入館の際、学生証、健康保険証、運転免許証など年齢の分かるもの、会員証、社員証、障害者手帳等をご提示ください。

≪企画展≫

展覧会により異なります。
各展覧会ページでご確認ください。
※企画展の観覧料で、観覧当日に限り所蔵作品展もご覧いただけます。
開館時間10:00-17:00(金・土曜日は10:00-20:00)
※企画展は、展覧会により開館時間が異なる場合があります。
 詳細は各企画展ページでご確認ください。
※いずれも入館は閉館の30分前まで。
休日 月曜日[ただし2022年1月10日は開館]、年末年始[12月28日(火)~ 2022年1月1日(土・祝)]、1月11日(火)
公式サイト https://www.momat.go.jp