江戸から金沢までは、信濃の追分宿を経由して北国街道と中山道で結ばれていました。この中山道や北国街道を参勤交代で利用したのは、加賀、越後、信濃などを領国とする大名でした。金沢から江戸に向かうまでにかかった日数は、平均12泊13日だったといいます。宿場で休憩をとりながら、大名たちは江戸への歩みを進めました。

板橋宿は、江戸・日本橋へ向かう前の最後の宿場でした。多くの大名は板橋宿の本陣・脇本陣を利用し、加賀藩は板橋宿平尾に構えた下屋敷で、江戸藩邸にいる家族からの使者や家臣の迎えを受けたり、装束を整えたりしました。板橋宿は、江戸の玄関口としての役割を果たしていたのです。

今回の展示では、参勤交代で江戸と国元を往復した加賀藩、高田藩、松代藩の大名たちと、彼らを迎えた板橋宿の姿をご紹介いたします。展示資料を通して、その当時の人びとの様子をご覧いただき、江戸と金沢を結ぶ“架け橋”であった“板橋”に思いを馳せていただく機会となれば幸いです。

染織関係の主な展示品

  • 加賀藩姫君のものと伝わる帯
  • 加賀友禅の着物や帯:毎田健治氏の作品
  • 江戸手描友禅の着物や帯:寺澤森秋氏の作品

【ミニ企画展】江戸手描友禅 寺澤森秋ー優美な染と技ー(会期:2022年1月18日(火)~2022年4月3日(日)) も開催

会期:2022年01月22日(土)~2022年03月21日(月)

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

備考 作品保存のため、加賀友禅・江戸手描友禅の作品は会期中に展示替えを行います。予めご了承ください。
詳細情報 展示の詳細情報を確認する

板橋区立郷土資料館

住所 〒175-0092
東京都板橋区赤塚5-35-25
入場料令和3年度の展示は、無料です。
(今後、展示によっては有料となる場合も有ります)
開館時間9時30分~17時 (入館は16時30分まで)
休日 毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日)・年末年始
公式サイト https://www.city.itabashi.tokyo.jp/kyodoshiryokan/index.html