多くの島からなるインドネシアでは、地域ごとに色彩も意匠もさまざまな絣=イカットが織られています。伝統捕鯨を行うラマレラ村のあるレンバタ島でも、綿花を育て、紡ぎ、藍や茜から得た染料で括り染めしてイカットを織ります。島のイカットは、クジラ肉はもちろん、自ら作った塩、染料に必要な石灰など「海の恵み」を持つ海の民と、穀物や藍や茜など「山の恵み」を持つ山の民との間で続く素朴な交易なしには生まれませんでした。本展では、江上幹幸氏が現地で蒐集したイカットに加え、クジラ漁や製塩など島の暮らしを写真で展示し、イカットにまつわる文化の魅力を紹介します。

会期:2023年01月21日(土)~2023年04月09日(日)

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

詳細情報 展示の詳細情報を確認する

たばこと塩の博物館

住所 〒130-0003
東京都墨田区横川1丁目16−3
入場料一般・大学生 100円
小・中・高校生 50円
満65歳以上の方 50円 

※年齢がわかるものをお持ちください。
※障がい者の方は障がい者手帳などのご提示で付き添いの方1名まで無料。
※なるべく少人数でのご来場をお願いします。
開館時間10時~17時
(入館締切は16時30分)
※状況により開館時間を変更する場合があります。
休日 月曜日(月曜日が祝日、振替休日の場合は直後の平日)
臨時休館:2023年7月初旬ごろ1週間程度休館予定
年末年始(12月29日~1月3日)
※新型コロナウイルスの感染状況や自然災害の発生、悪天候による交通機関への影響などにより、事前の告知なく、イベントなどの中止、開館時間の短縮や臨時休館をさせていただく場合がございます。ご了承ください。
※最新の開館情報につきましては、公式ツイッターあるいはお電話でご確認ください。
公式サイト https://www.tabashio.jp/