衣服や布を彩る模様。模様は伝統を大切に受け継ぎながら、時の流行に刺激され、新しいものが生み出されてきました。百貨店の松坂屋も昭和のはじめに、国内外問わずさまざまな地域・時代の布地を、小さなハギレにいたるまで集め、新しい呉服デザインを模索してきました。その結果、形成されたコレクションは模様の豊かさ・多様さとともに、模様が作られ変化していく様子を伝えてくれます。

本展覧会では、コレクションにみられる模様を通して意味を探りながら、そこから表われる人々の暮らしや想いにも迫ります。見て楽しいだけでなく、あなたの創造意欲も刺激するテキスタイルデザイン集です。自分だけのとっておきを探す模様の旅に出かけましょう。

松坂屋コレクション

松坂屋コレクションは、松坂屋が昭和6年(1931)から呉服デザインのために集めた染織品を中心としたコレクションのこと。その中身は、江戸時代の小袖・能装束やその裂(きれ:ハギレのこと)、外国の布地や裂など種類は豊富で、全部で約5,000件になります。それらは昭和初期の百貨店から発信する流行模様にも活用され、時代を代表する名品を作るための資料として活用されました。その後、コレクションのうち裂を中心とした約3,500件が平成22年度に名古屋市博物館に寄贈となりました。裂の状態は不完全なようですが、一部でも当時の模様やデザインのおもしろさ、技法の多様さを見ることができます。

会期:2020年10月10日~2020年12月06日

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、会期や入場条件等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトをご確認下さい。
⇒ 来場時の注意事項を確認する

入場料一般 1,300円(1,100円)
高大生 900円(700円)
小中生 500円(300円)
着物でご来場の方は当日料金より100円割引。

※( )内は前売および20名以上の団体料金。
※高大生・中学生は学生証等を提示してください。
※本展の観覧券は、名古屋市博物館で販売します。チケットぴあ(Pコード685-344)、ローソンチケット(Lコード41589)、セブンチケット、イープラス等では、前売券のみ販売します。
※前売券は令和2年10月9日(金)まで販売。会期中は当日料金にて販売。
※名古屋市交通局の一日乗車券・ドニチエコきっぷを利用して来館された方は当日料金より100円割引。
※障害のある方は手帳の提示、難病患者の方は受給者証の提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額になります。
※障害者等割引観覧券は名古屋市博物館(会期中のみ)、ローソンチケット(前売のみ)で販売します。
※各種割引を重複してご利用いただくことはできません。
休日など 月曜日(祝日の11月23日は開館)
第4火曜日(10月12日、19日、26日、27日、11月2日、9日、16日、24日、30日)
詳細情報 展示の詳細情報を確認する

名古屋市博物館

住所 〒467-0806
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
入場料■ 特別展・企画展

その都度料金を定めます。

■ 常設展
一般           300円   (250円)   [1,200円]
大学生・高校生      200円   (150円)   [800円]
中学生以下        無料    (無料)    [無料]
市内在住の65歳以上の方  100円   (80円)    [400円] ※(敬老手帳などをご提示ください)

※ ( )内:団体/30人以上
※[ ]内 定期観覧券 購入日から1年間有効
開館時間9時30分から17時00分(ただし入場は16時30分まで)
休日 月曜日(ただし祝日の場合は開館し、直後の平日を休館します。)
第4火曜日(ただし祝日の場合は開館します。)
年末年始(12月29日から1月3日)
公式サイト http://www.museum.city.nagoya.jp/